千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2012年10月29日月曜日

神保町三丁目町会 敬老会

秋の訪れを日に日に感じるようになってきた10月も終盤になってきました。


先日の10月28日、ひまわり館では神保町三丁目町会の敬老会が行われ


社協からは梅澤・小野寺・笠松の3名が出席させていただきました。


神三町会の敬老会言えば、婦人部・福祉部のみなさんによる



手作りのお食事です!!


当日は朝早くからキッチンは大忙し!


皆さんの手際の良さに圧倒されながら・・・


私たちも微力ながらお手伝いさせていただきました☆




おいしそうなお食事がテープを飾る中、




古希を迎えられた方々のお祝いを皮切りに敬老会の始まりです!










今年はマジックショーを楽しみながらの会になりました。




中盤には、刃物が腕を貫通する ドキドキマジック


水が入ったコップを頭の上で逆さにされる ハラハラマジック


ドキドキ ・ ハラハラ ・ ゲラゲラ  ・・・と


とても楽しいショーとなりました。







その後はカラオケタイム♪

ダンディーな歌声に


軽やかなステップにのった歌声












ラストはワルツのしっとりとした歌とダンスで締めくくられました。






おいしいものを食べ、町会のみなさんと楽しいひと時を過ごしながら


お祝いの日を迎えられた素敵な1日となりました。


古希を迎えられた皆様、おめでとうございます。


これからも様々な場所でお会いできる事を楽しみにしています。








 

2012年10月5日金曜日

もしもの時に!!~西神田町会 医療情報キット配布会~

 
9月30日、日曜のさわやかな朝、西神田町会福祉部の集まりがありました。
 
区では65歳以上の方に
「緊急医療情報キット」という透明のボトルを無料で配布しています(写真参照)
 
 
これは救急車を呼んだ時、本人の生年月日や血液型・普段の体の状態やお薬・
かかりつけの医者などの情報を救急隊が瞬時に把握し、
スムーズに病院に搬送できるようにするものです。
 
本人はもしもの時のために、このボトルの中に自分の体の状態を書いた紙や
保険証のコピーなどを入れ、冷蔵庫にしまっておく、というしくみです。
 
「なぜ、冷蔵庫?」と思われるかもしれませんが、それが救急隊と決めた共通ルールです。
このボトルが部屋の中にあったとしても、救急隊が探すのに時間がかかると意味がないので
「冷蔵庫」と決まっているのです。
 
 
西神田町会では、区役所やあんしんセンターなどに
ボトルを受け取りに行くのが大変な方のために、
町会福祉部の催しとしてボトルの配布会を行っていて、今年で3回目になります。
 
ボトルの中の紙は、年1回程度変更がないか見直しし、更新しますが、
その作業もなかなか一人ではやらないだろうから、
みんなで一緒にやりましょう、という会です。
 
 
 
この日は16名のみなさんが、集まりました。
前にボトルをもらっていた方も、初めての方もいらっしゃいました。

 
ボトルを配り終わったあと、みなさんで最近困りごとはないか、
まわりに気になる人はいらっしゃらないか、などの意見交換をしましたが、
 
その中で、「一人暮らしのお年寄りの中には、周りからみて心配な人がたくさんいる。
本人の「一人で暮らしたい」という意思をどこまで尊重したらいいのかねえ…」
という意見があがりました。
 
とても深くて難しい問題ですよね…。
私も考えさせられてしまいました。
 
 
 
 
さて、今回の西神田町会のように、このボトルを町会の集まりなどで
配布してみませんか?
 
 
社協が調整や準備をさせていただくことができますので、
お気軽にお問い合わせください!
電話5282-3711
 
 
(神保町地区担当 小野寺)
 
 
 
 
 
 


2012年10月1日月曜日

敬老のお祝い~神保町一丁目町会~


9月29日(土)夕刻から、学士会館の広間にて、
神保町一丁目町会の敬老のつどいが行われました。
 
 
 
みなさんおしゃれに着飾って、すてきです!
 
 
食事中、会場内のスライドでは、夏まつりの写真が上映されました。
 
こうして見ると、ほんのひと月前のことなのに、ずいぶん前のことに感じます。
 
季節が夏から秋へ移ったせいでしょうね。
 

 
食事が落ち着いた頃、みなさんお待ちかねの演芸のお時間。
 
今年も地元神保町一丁目町会出身、いつもお美しい藤間文園先生と社中のみなさんがご出演。
 
文園先生は町会のみなさんと子どもの頃からのお知り合いなので
「錦華中の何年後輩だ、いや先輩だ」と盛り上がっていました。


 
最後はみんなで「神保町音頭」を輪になって踊り、楽しみました。
 
 
敬老のお祝い、本当におめでとうございました。
また来年も、元気にお会いしましょう。
 
 
(神保町地区担当 小野寺)