千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2014年3月11日火曜日

地域連絡会@神保町出張所

3/10(月)神保町地区で地域連絡会が開催されました。

今年のテーマは「災害時要援護者名簿の活用術」です。



東京でも起きるとされている大地震に備え

何ができるのか。何をすべきか。

3.11からの3年間、多くの方が考えていることと思います。


その中で、地域で取り組めることのひとつとして

千代田区では要援護者名簿が重要なアイテムではないでしょうか。

しかし、名簿を作っただけでは、持っているだけでは、

災害時に役立つものにはならない!!



ということで、

市民防災研究所の池上さんを講師に迎え

常時からの名簿の活かし方などのアドバイスをいただき、

地域の皆さんと災害時の要援護者支援のシュミレーションを行いました。




シュミレーションを通して、災害時の支援の難しさと共に

常時からご近所との関係づくりをしておくことの必要性を

改めて実感する機会となっていたのではないでしょうか。


少しずつ風化してしまっている東日本大震災の教訓が

いつ東京で必要となってもおかしくないということを忘れず、

千代田区のご近所力を高めるかるお手伝いを今後も

地域の皆さんと行っていきたいと思いました。





神保町地区担当 笠松






0 件のコメント:

コメントを投稿