千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2017年3月21日火曜日

神保町三丁目町会 『防災』・『日頃の健康』についてのお話し会

こんにちは。神保町地区担当の小川です。
先日の福祉まつりにご来場いただいた皆さま、ならびに出店ブースでご協力いただいたボランティアの方々、ありがとうございました。
ふれあいクラブ、なでしこ配食サービス、神保町地区町会連合会婦人部会の出店ブース飲食は、12時過ぎには材料がなくなり、売り切れ御免!
安全に配慮した対応もしていただき、重ねて御礼申し上げます。

さて、福祉まつりが終わった翌日の春分の日、神保町三丁目町会では「防災」「介護」についてのお話し会が町会事務所で行われ、私もお邪魔させていただきました。

防災については、消防団の荒井さんより東日本大震災の時のお話や、AEDなど蘇生法についての話。腕を骨折した際、レジ袋で簡単に腕を吊る方法などを教えていただきました。
レジ袋の横半側を切れば、簡単に腕吊りバンドができあがります
 また、神田警察署ふれあいポリスの石井さんからは、振り込め詐欺への注意を喚起していただきました。

介護については、神保町三丁目に新しく事業所を開設した「神保町居宅介護事業所」の有村さんから、介護保険の申請の仕方や介護保険の利用内容についてお話をしていただきました。

65歳以上の方には、介護保険の利用をしていなくてもお手元に緑色の介護保険証が届いています。今一度、介護保険証がお手元にあるかどうか、確認をお願いします。

お話し会の最後には、災害時に備蓄されている非常食の試食をしました。今はいろいろな種類の非常食がありますね。非常食でも賞味期限があるので、年に1回くらいは賞味期限の確認をしましょう。


町会で防災や介護のことをご自身たちで企画を立てて実施した企画力と人脈、行動力に脱帽しました。最近は火災のニュースも多くなっています。春先なので強風の吹く日があると思いますので、火の元には十分お気をつけください。

0 件のコメント:

コメントを投稿