千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2018年6月4日月曜日

第32回 神田すずらんまつり

みなさま、こんにちは!

日本列島も徐々に梅雨入りが発表され、雨の日の割合が増えてきましたね。

さて、5月26日(土)に行われた「第32回すずらんまつり」に私たち神保町地区担当職員も参加させていただきました!天候にも恵まれ、大勢の方に千代田社協を知っていただける良い機会になったと感じています。



綿あめボランティアの方や、二松学舎大学の学生ボランティアさんたちの協力のもと、当日は綿あめやポップコーン、みなさんに作っていただいたまもりたいぞう(※)の販売をさせていただきました。
(※)まもりだいぞう
ちよだ社協が東日本大震災への支援として行う事業のひとつ。東北各地から千代田区に避難した方や地域のボランティアの皆さんが区内サロンで「みんなの明るい未来をまもりたい!」という気持ちを込めた作成している作品。






なんとこの日、生まれて初めて綿あめを作ったという学生さんも!
苦戦しながらも丸くきれいに作れていました。とても貴重な経験になりましたね。





お子様からは「わたあめ大きい!」「おいしい!」など喜びの声が…!
顔より大きな綿あめを見て嬉しそうな笑顔を浮かべるお子さんたちに職員もホッコリとさせていただきました!




さて、第32回神田すずらん祭りは終了しましたが、今後も社協職員は神保町地区の行事に顔を出させていただきます!見かけた際はぜひお声かけください!



【神保町担当:櫻井】

0 件のコメント:

コメントを投稿