千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2019年7月4日木曜日

第69回 社会を明るくする運動 街頭パレード!


神保町地区のみなさま、こんにちは!

梅雨に入り、部屋干ししている洗濯物の生乾きに悩む、神保町地区担当の松本です。
カラッと晴れる夏が待ち遠しいですが、みなさまはどうお過ごしですか?

そんな梅雨を忘れさせるような、良く晴れた令和元年626日(金)、
「第69回社会を明るくする運動」神保町地区街頭パレードが行われ、ちよだ社協も参加させていただきました。
街頭パレードの様子

神保町地区担当職員

ところで、みなさんは「社会を明るくする運動」をご存知ですか?

「社会を明るくする運動」とは、私たちみんなが犯罪や非行の防止と立ち直りについて考え、それぞれの立場で力をあわせて犯罪や非行のない地域社会を築こうという全国的な運動です。(小松能美保護区保護司会:「社会を明るくする運動のご紹介」より)

多くの町会や関係者の皆様

 


神保町地区でも、毎年この時期に街頭パレードを実施し、今年でなんと「69回目!!!」の活動になると伺いました。

「いってらっしゃい!」という子ども達の大きな声援に送られ、お茶の水小学校マーチングバンドの皆様の演奏と共に、お茶の水小学校をスタートし、靖国通りを通り、区役所まで行進しました。
お茶の水小学校の子ども達「いってらっしゃい!」

お茶の水小学校マーチングバンドの皆様「いってきます!」

通り沿いのお店の方が沿道に出て手を振って下さったり、足を止めて写真を撮る方も多く、参加者の方はもちろん、地域の皆様がこの活動を理解し、作り上げ、盛り上げ、広めていくことが「社会を明るくする」きっかけになると感じました。

また、犯罪や非行を防ぐだけでなく、立ち直ろうとする人を受け入れる地域づくりも大切であると学び、私自身も「社会を明るくする」為に考えるきっかけをいただきました。

参加された皆様、強い日差しの中、本当にお疲れ様でした!










0 件のコメント:

コメントを投稿